【さとう愛理】監督さん、ちょっと違うんじゃない?? – 危険日狙って本物中出し 強●子作り性活 さとう愛理

危険日狙って本物中出し 強●子作り性活 さとう愛理

可愛い女の子を理不尽に妊娠させたい…。

変態というより、変質者の歪んだ妄想を映像化するダークなシリーズ第3弾は、純真無垢さとう愛理ちゃんが主人公です。

普通のAVだと思って制作会社に面接に来た愛理ちゃん。

ところが、面接相手は変質オヤジで、わざと危険日を狙って事務所に監禁して中出し撮影決行。

そこで繰り広げられる陰湿な強●子作り。

いよいよ不快感満載の文科系強●子作り計画!泣いたら中出ししちゃうよ?笑

「危険日狙って本物中出し 強●子作り性活 さとう愛理」の本編動画はこちらから

女優名: さとう愛理

ゲスな作品だな

この監督何なんだろうな。

女優の良さを出させろよ。

そういうの全くない。

作中ではエロじじいがただ遊んでるだけ。

女優はその道具って感じ。

カメラ回すなよ

設定がヘタクソ

かなり水分少な目の濃いザーメンがドロッと出てくる様は良い中出しオンパレードだけど2週間後っていうテロップが一切リアリティが無く、台無しな感じ監禁云々じゃなくたっていいのに話の流れは飛ばしてからみだけ見てればまぁいいかな

ラッシャーみよし不要

とりあえずラッシャーみよしが絶対に要らないと思う。

ザーメンものなんかでは手腕のある監督だと思うがこのシリーズでは彼が出てきちゃいけないと感じる。

大体ほかのシリーズでも同じ流れなのだが、冒頭で戸惑う女優に危険日中出し無理やりしちゃうよ~みたいなことを言って引かせる導入部。

それが被虐的快を煽り興奮させるかというと全くで、ただただ不快である。

そしてそういう場を演出しているとはいえ現場はピリピリ険悪で女優も終始表情が硬い。

女優の良さを引き出すつもりのないシリーズ。

つまらん。

中盤まで見たが新人AV男優の司とかいう男と女優の絡みのシーンでずっと後ろでみよしが見ているの映っている。

見ながらみよしが「司くぅん、生ではめたいかあ?」「はあ?中出しだよお」とかブツブツ言っててうざいことこの上ない。

女優自体はいいからだしてるしかわいいのに邪魔が多すぎる。

監督さん、ちょっと違うんじゃない??

1.あるスタジオにてピルを使わない作品にするとか、作品作りの会話。

彼女、泣きそうで事務所に電話。

なに、この作品?(^◇^;)2.悪夢の中出しゲーム乳首舐め吸い。

ピンクまんこ指でいじり。

お尻突き出し、指マン。

正面でハメ、中出し。

3.みじめなオナニー2人から乳首舐め。

2本手コキ。

フェラ。

オナニーで射精。

ゴム精子から、精子をまんこに流しこみ。

その後は、残念ながら、早送りした。

総じて、なんか、エロ作品というより、ドキュメント作品を見てる感覚だった。

監督さん、ちょっと違うんじゃない??みよしさんは、雌女ANTHOLOGYとか、素晴らしいし、力のある人だと思うけど、この作品に限っては、普通。

「危険日狙って本物中出し 強●子作り性活 さとう愛理」の本編動画はこちらから