【七海ひさ代】七海の表情変化で何とか長尺ものも耐えうる – 友人の母 息子の友人に犯●れ、幾度もイカされてしまったんです… 七海ひさ代

友人の母 息子の友人に犯●れ、幾度もイカされてしまったんです… 七海ひさ代

夫は単身赴任で息子は受験で忙しく寂しくオナニーで慰める日々。

それを目撃し欲情した息子の友人に犯●れてしまう。

別の友人もそれを聞きつけひさ代に迫り中出しセックスされる。

息子の死角で友人たちにオモチャで責められ声を殺し耐えるひさ代。

息子の不在に若者たちとの乱交にいつしか乱れて…。

「友人の母 息子の友人に犯●れ、幾度もイカされてしまったんです… 七海ひさ代」の本編動画はこちらから

女優名: 七海ひさ代

美しい一人身の妻と母の顔

古いものから順番にさかのぼって視聴していますが、ある意味、この作品が出た時点での七海ひさ代さんの真骨頂であり、それまでの積極的な女を封印したとも言える。

まさしく溜池作品に違和感なく溶け込んでいることが改めて分かった。

3Pシーンの赤ランジェリーと、マドンナ義母ものでの3Pでも赤ランジェリーだったが、白い透明感のある年齢を忘れさせる綺麗な肌と適度に丸みをおびスレンダーで無駄のない抜群スタイルで、どちらも良い!溜池作品は爆乳女優が9割を占めているくらいに思う。

その中で、乳を誇張するカメラのアングルが減るぶん、どうするのか?。

桃尻も最高に素晴らしい。

やはりそこにいくか?と思ったら、バスト、ヒップは同じくらい、あとは驚くほどに七海の顔をフューチャー。

いろいろあれどもパーツ一つに限らず全裸シーンも評判が良く、全体像を見たい!というユーザーファンの意図が理解できた。

美顔で、飽きさせない魅力がある。

ナレーションの語りがいいですね

元々ドラマ調や熟女ファンではないところがあったのですが、この女優さんの作中のセリフや表情、ナレーション、ドラマの中の顔全体で演技するところがドラマや映画を見ているようでファンになったのですが、本当に上手いです。

素人系ものやナンパ系のものが好きだったのですが、七海さんだとドラマジャンルのAVの色っぽさやエロさが特に好きです。

このシリーズ初めての新参者ですみません。

声だけ聞いているだけでもたまりません。

顔を見ているだけでもたまりません。

147分ものが見れて満足でした!七海さんのフェラは本当にエロいです。

台所

キッチンでいたずらされるシーンとエッチな下着を着て出迎えてくれるシーンがよかったです。

作り方が決まっているようなので、この女優さんの個性がいまいち出せないのがちょっと残念かな。

台所の展開は好きなのだが。

ちょっと熟女過ぎたのか。

自分の中ではあまり興奮しませんでした。

でも台所の展開は好きです。

今後の作品に期待したいです。

幸薄そうな表情がソソられます。

他作品もフォローしてますが、実に美しい、清楚な女優さんです。

ヌケます。

美しい・・・

この女優さんのエロさには人によっていろいろな見方があると思うだが、なんといっても、やはり顔だけ見ていてもエロい。

話し方、声、顔、ナレーションも、とにかくエロくて、不思議です。

誘惑キャラも、犯●れ凌●シチュエーションでも、どちらでもハマります。

隠れてコソコソ

津軽海峡を歌う演歌歌手と声が似ています。

顔もどことなく似ていると思います。

最大の見所は台所で目の前の息子に隠れて、息子の友人2人が下半身を責めるシーンです。

これは非常に興奮しました。

ここから一気に盛り上がるのかと思ったのですが、後の3Pは少しトーンダウンしてしまったのが残念でした。

やはり、十人十色かな!?

七海ひさ代の演技を称賛する人、ダメ出しする人それぞれだが、私は七海さんのオーバーとも思える、獣の吠えるような喘ぎ声、長く唸る喘ぎ声は気にならない、かえってそんなオーバーすぎる演技が妙にエロイ!

神作品降臨!!

中出し、絡み3回と私の理想が具体化した作品です。

時間拡大版ですが、その分中身が濃いです。

七海ひさ代さんが素晴らしいです。

あえぎ声や表情で演技する女優は沢山いますが、「手」で情感を表現する女優さんは初めて見ました。

あまり言葉は発しませんが、かわりに「手」での演技が見事でした。

正直言ってあまり期待していなかった作品ですが、これからは七海ひさ代さん作品を追いかけることになりそうです。

上品な熟女が若雄に貪られ肉欲に屈服していく…

0:09友人の美母の寝室を覗く若者疼く躯を持て余した美母が…0:20見ちゃったんです!襲いかかる若雄息子に知られたくない!懸命に耐えるがいつしか躯が…0:56深夜話を聞いたんだ二匹目の淫獣が襲いかかる!抗う事も出来ず身を任す美母淫具に翻弄され身悶え逞しい男根に一途に尽し従順に女唇を捧げる美母子宮に精液を浴び…逝き果てる!1:30息子が居るのに!キッチン台に身を隠し挑む二匹の淫獣懸命に堪え肉欲に喘ぎ啼く美母従順に突き出された尻に淫具が!1:43息子の留守を狙い訪れる若獣馴らされた美母は従順に迎え入れ…淫らな下着に身を包み熟れた躯を淫獣に委ねていく…迸る若い情欲最奥に受け…逝き果てる美母!

皆さん絶賛ですが……

結構、人気のある熟女だから、期間限定セールで見たが、最初の自慰を見たという息子の友人に脅しで体を開くシークエンスや、台所で下から責められながら、ダイニングにいる息子と対話するシーンの表情や演技が、まったく駄目で、白けたが、皆さんは絶賛されているので、なんとも言いようがありません。

要するに 七海ひさ代が、私のタイプではないということでしょう。

ラスト映像のひさ代の お●んこ付近に男優の一本の陰毛が凄くエロい

まあ、全編男優のお●んこ責めのやりたい放題溜池作品としては上々の出来栄えで2回抜き◎何しろモザが無いに等しく薄いのが◎ほぼ裏作品といっても良いほどのギリ薄で◎黒ずんだアナルの映像は匂うほどエロイひさ代叔母さんの喘ぎ声がワープしてほんの少しだけ一般作品と異なりずれるところがこの女優の生命線と見た。

故に、監督、脚本の良し悪しでどうにでも化ける女優ですね。

よって作品によっての優劣が大きいので本作が良かったからと言ってメチャ借りは厳禁ですぞ。

本作は熟女のいやらしさが匂うほど表現された秀作

喘ぎ声が×

旦那が単身赴任中で欲求不満のひさ代。

ある夜、オ〇ニーしていたところを息子の友人に見られてしまう。

「息子にバラすぞ」と脅されて犯●れてしまう。

さらにそれを聞いたもう一人の友人にも犯●れる。

キッチンで息子と会話しながら男二人に下半身を嬲られるシーンが今回は一番よかったか。

ラストは二人がかりで犯●れるひさ代。

ストーリーはいつも通りで悪くはない。

ただ、七海ひさ代がやや老け顔で、喘ぎ声もうなるような感じで全然色っぽくない。

評価は普通にとどまる。

やはり声は重要だと思う。

流石の実力派!! 〈ひさ代さん〉

溜池作風を壊さずしてシリーズドラマのマンネリ打破してくれる!熟女のシリーズものやドラマだと展開がほぼ分かってしまう。

ところがマンネリとしない女優さん!メーカーごとに、別人のようなカラミやドラマの芝居、必ずと言っていいアレンジを入れたり、カラミの見せ方に特徴的なものを取り入れ、セリフ回しまで変えて体全体で目一杯魅せてくれる素晴らしい女優さん。

熟女シリーズドラマものだとシリーズが長ければ、それだけ人気シリーズとなる・・・とはいえ主演女優さんの人気度・・・爆乳女優さんも多い。

ドラマものの多い女優さんでシリーズものも多い。

ただよく見てみるとシリーズ定番のマンネリ調を打破しつつ、シリーズ定番ポイントは欠かさない!7月以降の新作はシリーズドラマものばかりシリーズファンでも飽きかけてくるもので、ひさ代さんを見ると人気シリーズの良さを再認識させてくれる!

異国に単身赴任の夫の留守と一人息子を守ろうとする良き母・美熟女

150分拡大版で知的な美しい大人の女性を存分に堪能できた!切々とした美しい母性に逆らえない女としての一面どちらの熱演にも言葉がありません!さすがに溜池ゴローメーカー同監督の昨今の代表作といっても過言でない人気シリーズで、そこに七海さんの細やかで緻密な演技力が相乗し合い感情を秘めた伏し目がちなお顔も美しく、完成度の高いストーリーと七海さんをとらえる映像が非常に素晴らしいです!守りたい耐え忍ぶ表情、恍惚とした女の表情、何度も涙を堪えている様子、その後に続く凌●・3Pシーンの途中から抵抗も消え若い男の欲望を受け入れるあたりで彼女独特のスイッチの移行が見え隠れした。

3P終盤で初めて七海さんの淫乱声が出るが、それまでは声を押し殺す絶望感や愛情ある母親像として派手な喘ぎ声すらなく慎ましさや悲哀があってサンプル動画の抜粋に疑問。

大袈裟なリアクションや淫語もないからこそのラストシーン。

何でイク時のリアクションをオーバーにするのか解らない

七海ひさ代さん初めて見ますが熟女で髪ロング.清楚感がありスタイルも○でよき母親という感じで息子の2人の友達に凌●される筋は毎回同じで約148分見どころ前半~溜池作品お馴染みの物干しゃパンチラ掃除で白パンティが見え..ここは○次息子の友人2人に脅されソファー&ベッドでマ○コ玩具責メ..正常位→中出しサレ(91分)~息子が居るキッチンで2人からエプロン姿..下半身を玩具で悪戯され○終盤~3P凌●は赤系のハイレグ下着で犯●れ→顔射.中出しと七海サンの凌●シーンはふつうで七海がイク時の表情は前回の様なアヘ顔はありませんが目を大きく開け喘ぎ声も急に大きくなり不自然で→ここはふつうに撮るべきで評価は3.8点くらい

七海の表情変化で何とか長尺ものも耐えうる

本シリーズでは浅井舞香、三浦恵里香主演のものを先に見てしまったので、諸氏の高評価よりは少し劣る結果となった。

 同工異曲なのでカメラアングルも同じで少々退屈である。

しかし26分から55分に掛けて息子の友人に最初に犯●れる時の表情の変化はさすが七海である。

 観念して身体を任せるのだが、それならいっその事、私も楽しもうか、と揺れ動く心情を巧く表現している。

 ここは浅井、三浦を上回っている。

74分からはバイブを突っ込まれながらフェラを強要されるのだが、それでも陰核に自ら指を這わせるところなどは細かい脚本で良い。

最後は二人の友人に犯●れながら自らも腰を振って終わるのだが、もう少し引っ張って、二人から電話で来訪を告げられ、いそいそとシャワーを浴び、挑発的な下着、服に着かえて待つところまで描いて欲しかった。

「友人の母 息子の友人に犯●れ、幾度もイカされてしまったんです… 七海ひさ代」の本編動画はこちらから