【加納あかね】ワンパターン – 地下牢の倒錯魔 8 加納あかね

地下牢の倒錯魔 8 加納あかね

地下牢に囚われた若き女に襲いかかる変態凌●の嵐!拒絶の裸体が拷問台に拘束され屈辱と羞恥に貶められる女。

狂気の性戯に悶え呻く凌●の犠牲者はやがて隷従の誓いを口にする。

「地下牢の倒錯魔 8 加納あかね」の本編動画はこちらから

女優名: 加納あかね

内容同じですけど…。

展開や内容はいつもどおりですが今回は言葉が少し変化していました。

いつもはイク前に“イッてもよろしいですか?”と聞かないと駄目だったのが“ピストン下さいと言え”とか“クリにあたって気持ち良いと言え”とか、監督、少しこのモデルさんに、やさしかった様な、そんな気がしたのは私だけでしょうか?

後ろ頭の怪人

このビデオには素晴らしい店がある。

それはドキュメンタリー性0女の子が初めて調教される雰囲気がいっぱい出ていてワクワクする。

強かったり恥ずかしがったり段々感じてきていい声が出たりする。

その様子が実にリアル。

他の人も言ってるように女の子があまりにも怖がっているので監督が優しくしてる様子が伝わってくる。

しかしその後でこの監督は極めて馬鹿な間違いをしている。

高まってきていきそうになる時.突然カットしてりていくに切り替えられている。

これでは作り物ですよと言ってるよなもんだ笑。

何かトラブルがあったとも解釈できるがその締結がひどいテイクツーが非常にひどい。

女の子の股間の部分に俳優の頭が被っている。

実に滑稽な写真だ。

これたと興奮できないだけでなく何か理由があって極所を隠してるんだろうと思えてしまう。

つまり女の子のせっかくのえぐいところが演技じゃないかという風に見えてしまうのだよ。

そうするとその後のいいところも全てそういう風に見える。

バカ頭のせいで.せっかくの調教の迫力感がパーになってしまっている。

せっかく恥ずかしがっている女の子が徐々に感じてきてエロい声を出した挙句に、ワイルドに叫びながら言ってるところが撮れているのに、すべてがバカな後頭のせいで台無し。

…ことも思って見ていたのだが、雨どうやら監督はこの馬鹿な間違いに気がついたようだ。

治夏らしい空は次のシーンからはちゃんとバイブがピストンされてるところ写しているしちゃんと顔を捉えようとする意図がうかがえる。

女優は蹂躙されてコントロールされて調教されていき、思う存分完膚無きまでにコテンパンにやられる。

そしてカメラは顔に寄って行き、その時のリアルな表情が映し出す。

この作品は女優にどのような理由があってか知らないが…ここまで落ちてきた女の初調教のかなりリアルなドキュメンタリーになっている。

だから私は、中古DVDを買ってコレクションとすることにした。

ワンパターン

開いた口がふさがらない位ワンパターンな何時も通りの内容です。

加納あかねの反応も薄く見応えなし。

大昔みたいに凝った作りにはもう戻らないのでしょうか?

「地下牢の倒錯魔 8 加納あかね」の本編動画はこちらから