【夏目あきら】期待外れ – 夫の目の前で犯●れて― 思慕の情に堕ちた人妻 夏目あきら

夫の目の前で犯●れて― 思慕の情に堕ちた人妻 夏目あきら

早紀は夫の転勤により、幼い頃彼女が暮らしていた街で再び暮らす事になった。

ある日、早紀夫婦の家にかつて早紀が「お兄さん」と慕っていた年の離れた幼馴染み・藤原が訪れる。

早紀の事をずっと想い続けていた藤原は…

「夫の目の前で犯●れて― 思慕の情に堕ちた人妻 夏目あきら」の本編動画はこちらから

女優名: 夏目あきら

色気ある美人妻

美人でスレンダー、清楚な雰囲気がいいですね。

犯●れ方がエロくて、そそられました。

いい演技です。

お決まりの展開ながら、見せてくれますね。

そそられるシーンが多くて、抜けました。

色気があって、魅力的な女優さんですね。

清楚だけど、脚本がの流れが

あきら嬢の清楚さは、人妻役にピッたりで文句はなし旦那がアルコールで潰れ、その場で性行為スタート口に出して嫌がりはするも、潰れた夫を目の前で、特に気にすることもなく(見た感じ)、受入開始、尚且つ中出し、文句一つ無く! 抵抗感があるドラマ仕立てが持ち味の夫っ目が、エエっ!? と感じてしまった。

その後も、夕暮れの街描写を随所に取り入れながら、時間の流れを演出方法は、見事であるが、どこの場面においても、男の主導ばかりで、殆ど抵抗しない感はやや期待はずれ。

あきら嬢との行為を抜くだけに鑑賞するのであれば、全く問題ないがあきら嬢の女優資質からみても、夫がいる妻、人妻であることを全面に出して、それでも男優が性行為を望んみ、男のカラダが欲しい感が、もう少しあると、最高の作品の1つに値すると思う。

期待外れ

夏目あきらとトニー大木でこのタイトルということで大いに期待したが、監督がカスすぎてひどい内容。

本番3回がことごとく単調にチ○コ突っ込んでるだけで、舐め、揉み、キスなどの表現がまったくと言っていいほどない。

カメラワークもチ○コの抜き差しさえ撮れてればいいという類の下半身偏重主義で、特に正常位では女優の顔がほぼ横向きが逆向きで、まともに表情をとらえられてる画はほとんどない。

よくもまあ、こんな即物的で単調なカラミで、優秀な女優と男優を使い捨てに出来るものだと感心する。

コピー元のなぎらも酷いもんだけど、そのダメな部分を凝縮したような作品。

「夫の目の前で犯●れて― 思慕の情に堕ちた人妻 夏目あきら」の本編動画はこちらから