【安野由美】主婦・安野由美の深い逝き姿が凄まじい – 兄嫁 安野由美

兄嫁 安野由美

兄嫁の由美は、結婚10年目。

いまだ子供に恵まれず悩んでいる。

近頃は兄との仲も芳しくなく「私がこの家に住み続けている事に意味があるのか…。

」と思っていた。

僕がそんな相談を受けたのが、ちょうど父の墓参りで帰省していた時の事だった。

話を聞いている内に兄嫁の事が愛おしくなり「くちびる」を奪った…。

「兄嫁 安野由美」の本編動画はこちらから

女優名: 安野由美

プレイまで良妻な安野由美さん(ゆ~みん)が魅せる普通の魅力~(^^ゞ

パケから漂う清楚で良妻なゆ~みんの柔らかな表情がやや寂しく感じられた理由が解明された本作でしたね。

つまり、本作はパケのゆ~みんからの表情からからストーリーが始まっていたのではないかと思います。

ゆ~みんが発した「こうじさんと結婚すれば良かったなー」の言葉に触発されて男優さんがゆ~みんにキス・・・そこから急速に2人が結ばれることは自然な流れで違和感はありませんでしたね。

しかし、男優さんとシャワーを浴びながら「S◯Xは十年ぶり」と、ゆ~みんが話したようにプレイしながらの大洪水は見応え十分でそのうっぷんした蓄積の大きさと大洪水がオーバーラップし納得しちゃいましたね。

また、両者からプレイ中にありがちな背徳感や罪悪感などの台詞、態度がなく本当に濃厚な普通のS◯Xでゆ~みんが中出しを懇願したこともあり良妻なゆ~みんのプレイを堪能することができましたね。

また、プレイ中のカメラ、照明、音声さんの見事なチームワークでリアルにゆ~みんとS◯Xしているような体験ができました。

本作は【普通が最強のゆ~みん基準版】として観賞すれば多様な作風で活躍するゆ~みんのプレイが楽しめると思います。

一般的に作品の本数が増えるにつれて激しいプレイになりがちなトコですが本作はゆ~みん作品のオアシスとして観賞させて頂いたことに感謝してレビュー終わります。

やっぱり普通のゆ~みんが最強ですね。

主婦・安野由美の深い逝き姿が凄まじい

安野由美さんが、ピンクのカーディガン、ネイビーのスカートで掃除をする主婦を演じる冒頭シーンは、その雰囲気があまりにも日常的で、その後に繰り広げられるであろうシーンとのギャップを想像させ期待が高まります。

その期待に違わず、絡みのシーンは日常を醸し出した分いつも以上の乱れぶりを感じさせます。

バックからのシーンでは水着の跡がうっすらと確認でき、日常を生きている主婦があんなことや、こんなことまで…、とそのギャップ感は最高です。

男優のゆっくりした動きには、深く静かに快感に身を委ね、高まってきてからの激しい突きには、身体を激しく硬直させ、凄まじい快感のあまり口を開けたまま声も出せず、男優が身体から離れてもそのまま硬直した姿で深い痙攣と共に酔いしれているかのような姿は、凄いとしか言えません。

日常を生きる清楚な主婦を演じる、主婦・安野由美さんが深く激しく逝く姿を堪能できる必見作品です。

「兄嫁 安野由美」の本編動画はこちらから