【宮前あやこ】よい点と悪い点が半々 – 近親中出し 僕の姉貴 宮前あやこ

近親中出し 僕の姉貴 宮前あやこ

3人姉弟の長女あやこ。

いつも父親から結婚の話をされ嫌気がさしている。

ストレス解消はオナニーだった。

いつもの様に風呂に入っていると父親が突然入ってきて娘の身体をいじくり、フェラまでさせる。

一方、長男の楽しみは寝ている姉の身体をむさぼり、匂いを嗅ぐ事だった。

ある日、町内会のおじさんに誘われSEXをしてしまったあやこはその光景を次男のさとるにみられて…。

「近親中出し 僕の姉貴 宮前あやこ」の本編動画はこちらから

女優名: 宮前あやこ

良いです

特別美人ではないが、この女優さんいいですね。

内容はタイトルに”近親、姉貴”とあるんならもう少しそれらの絡みが欲しかったかな。

正直町内会のオッサンの絡みはいらないかな。

とびきり美人でないとこが、

かえって姉らしくて◎。

ボディも◎。

全裸セックスない上に、回数が2回と物足りない。

いろいろ惜しい作品

宮前あやこは美人ではないがそそるルックス。

美白の肌、そして肉付きがよくムッチリしていて、かつ綺麗な裸体。

いかず後家の設定も絶妙。

こんな30代前半女性、いるよなぁと、親近感を覚えます。

絡みは2回。

近所のおじさんにヤられちゃうのと、それを見られた次男とヤっちゃうものです。

筋書きも設定も良いのですが、肝心の絡みはどちらも着衣。

特に初回は終始ブラ着用。

折角の綺麗な裸も、美巨乳の揺れもこれでは拝めません。

そりゃないでしょう。

その前に、父に風呂場で弄られ、長男にも寝ている最中にイタズラされています。

いずれも、このまま絡みに持ち込んでもおかしくない設定で、いささか寸止めの感じがします。

撮りようによっては傑作になり得た要素を持つ凡作。

欲求不満が溜まるような内容でした。

むっちり姉さん

むっちり巨乳でお姉さんぽくて良いです。

肉つきが良くてそそる色白です。

お姉さんっぽくて良い

女優さんがお姉さんっぽくて良いです。

スタイルもちょっとムッチリしていて、何処にでもいそうな、それでいて綺麗なお姉さん。

難点としては、もっと丁寧に作って欲しかった。

入浴シーンの時は、服を脱ぐシーンを見せてくれると良かった。

女優さんの肌が綺麗なので、最後の絡みはお互い全裸でじっくりやって欲しかった。

よい点と悪い点が半々

女優の体のエロさは素晴らしい。

これだけエロいと家族が欲情する設定にも説得力がある。

台詞回しもなかなかだしクオリティ高め。

実の父や弟に迫られ、切れ気味になりながら結局いいなりになるツンデレっぷりがいい。

特に次男との本番は、不機嫌そうに拒絶してたのが、次第に体の力が抜けて弟のいいなりになっていくマゾっぽさがエロすぎた。

姉弟っぽいやり取りがちゃんとあるのもいい。

セリフが一部バカっぽいが。

脚本は難あり。

父親と弟2人を用意しながら、最初のカラミが町内会のキモいオッサンってのが意味不明。

近親ものを見たいファンは町内会の男などいらない。

長男のイタズラにしても寝ながらだから反応ゼロ。

入れなきゃいけないメニューだったか疑問。

脚本はもう一度考え直したほうがいい。

嫁に行けない理由が、父や弟との近親相姦にはまって家を出られないから、みたいな流れでもよかった気がする。

「近親中出し 僕の姉貴 宮前あやこ」の本編動画はこちらから