【宮野真尋】良い作品でした。 – 処女 宮野真尋 AV Debut

処女 宮野真尋 AV Debut

広島県から上京してきた平凡な女の子、宮野真尋。

普段はOLとして働く23歳。

今まで彼氏はいたけどキス止まり。

チ○ポをちゃんと見たことがない。

そんな彼女が処女を喪失して1人の女性になるまでを追ったドキュメント。

「いっ、痛い…」と悲鳴をあげながらも必死にチ○ポを受け入れ涙する健気さに思わず胸を打たれます。

「処女 宮野真尋 AV Debut」の本編動画はこちらから

女優名: 宮野真尋

せつなくない

処女ものマニアですが、明るく過ぎたり積極が強く、せつなくないげど初々しいし可愛いです。

だから作風より女優さんがステキ。

少女のような体

女性は、少女か人形のようなスレンダーな体で、美乳・微乳で美脚です。

それだけでも、そういった女性が好きな人にはいいと思います。

性格もとてもよさそうで、処女も本物と思います。

しかし、痛がるので初挿入はややわかりずらく、男優も女性と手をからめるのが好きなタイプで手が邪魔です。

初挿入がよくわかるようにカメラワークがよくわかる人がいいですね。

カメラマンもよくなく、全体を写したシーンなどはなく、顔のアップがやや多いです。

しかしまるで人形のような体の女性で、女性はとてもいいですね。

それで星5つです。

感動

田舎から出てきて、カメラの前で泣きながらセックスして犯●れる少女を見て感動します

今まで処女ものを見た中で

今まで処女ものを見た中でホントなんだっという実感を感じさせるものでした。

このあとの成長を見たかったので一本だけというのが残念です。

良い作品でした。

なんかジーンときました。

女性は最初は大変なんだなって痛感する作品だなと思いました。

自分のことばかりではなく相手のことも考えないといけないと、再度確認しました。

初めての子にはアフターケアしっかりしようと思います。

「処女 宮野真尋 AV Debut」の本編動画はこちらから