【小川桜】ちょっと訛っているのも初々しい – 親戚のおばさん 小川桜

親戚のおばさん 小川桜

桜叔母さんは叔母という存在を超えて憧れの存在でもあった。

叔母さんはいつも僕を明るく出迎え、笑顔を向けてくれる…。

だからこそ、いつも会えるのを楽しみにしていた。

正直、毎日叔母さんと一緒にいることができる叔父さんが羨ましくて仕方がなかった。

しかしある時、そんな彼女のあられもない姿を見てしまった。

僕はたまらない気分になってしまい、つい感情を抑えきれず…。

「親戚のおばさん 小川桜」の本編動画はこちらから

女優名: 小川桜

痩せたかな?一段と女優っぽくなった。

なんか痩せて女優っぽくなった。

でも、デビューの時のような肉付きの良さもなかなか良かった。

でも、さらに綺麗になったと思う。

85分では物足りません

飛び切り美人ではないけどタイプです。

良いです。

喘ぎ声がもっとあっても良かったかな。

顔も体肉付きも最高ですね、作品数が少ないのはもったいないです。

新作をぜひともお願いします。

ちょっと訛っているのも初々しい

東京での就活のために叔母「小川桜」の世話になる「浅野あたる」。

叔父は長期出張中だ。

会社訪問を終えたあたるは、キッチンで夕食を支度する桜に温かく迎えられる。

洗面所で水色のセーター、紺地に白い花柄のスカート、肌色のパンスト、白いブラとショーツを取って洗濯機に入れた桜は、湯船に浸かる。

夫を想って乳を揉み、マンズリ。

服を脱いで浴室に入ったあたるは、桜と鉢合わせして慌て、引き返そうとする。

「ちょっと待って、あたる」と腕を掴まれて引き戻される。

「ごめんね、あたる。

ちょっとだけ寂しかったの。

忘れさせて」と、洗い場に上がってきた桜に唇を奪われる。

たまらず乳を揉んで、手コキ。

手を導かれて手マンし、乳首コキ。

浴槽の縁に手を付いた桜に尻コキされて、挿入。

洗い場のすのこの上で背面騎乗位、対面騎乗位、前座位、正常位で膣内射精。

「あ、叔母さん、ごめんなさい。

気持ちよすぎて中に出しちゃった」と土下座。

翌日、ソファで悔恨の情に駆られれば、桜に隣に座られる。

「あたる、昨日はごめんね」「あ、いや、叔母さん、僕のほうこそ、ごめん」「ううん、あたるは悪くないわ、悪いのは私だから」「そんなことないよ。

だって、寂しかったんでしょ。

それに……」「うん? それに?」「僕、本当に昔から叔母さんのこと好きだったんだよ」と手を握る。

「え? 嬉しい。

本当?」と舌を絡められる。

首筋を舐めて胸を揉む。

グレーの半袖シャツの襟ぐりと、ピンク地に赤い花柄のブラをはだけて、乳首をつまむ。

股間に触られ、ズボンを下ろされてブリーフの膨らみを握られる。

ブリーフを下ろされて即尺。

ベージュのスカートをまくって尻を撫でる。

自らの股間をさする桜に、仁王立ちフェラされて口内射精。

布団で抱擁し、べろキスし、首筋を舐める。

胸を揉み、白いスリップをはだけて乳首をつまみ、生乳をしだき、乳首を吸う。

スリップを脱がして背中を舐め、股間をさすり、尻を揉む。

ショーツを下ろして尻や陰部を舐め回し、指マンし、手コキ、吸茎。

正常位、前座位、対面騎乗位、背面騎乗位、撞木反り、後背位、屈曲位で突きまくる。

正常位で「あぁ気持ちいい」「気持ちいい?」「もう出ちゃいそう。

このまま出していい?」「いいよ」「あぁ出るっ、出るよっ」と膣内射精、お掃除フェラ。

35歳にしては美肌でスタイルがいい桜さん。

天然乳は88センチだ。

ちょっと訛っているのも初々しい。

「親戚のおばさん 小川桜」の本編動画はこちらから