【山本まる(村上てん), 大越はるか】もうちょい – 性欲処理用 みなしご少女 変態悪魔夫婦に犯●れ続けたパイパン天使

性欲処理用 みなしご少女 変態悪魔夫婦に犯●れ続けたパイパン天使

‘少女アイ’は、両親に先立たれ「みなしご」となった。

すぐに引き取り先が見つかったものの、そこにはとんでもない悪魔のような変態夫婦が待ち構えていた。

掃除、洗濯、食事の支度は勿論、SEXの為の準備から後処理までやらせる鬼畜ぶり。

それだけではなく、まだ成長途中の肉体をも食べ尽くすのだった…。

【※画像・音声に多少の乱れがあります】

「性欲処理用 みなしご少女 変態悪魔夫婦に犯●れ続けたパイパン天使」の本編動画はこちらから

女優名: 山本まる(村上てん), 大越はるか

万人向けではない

「村上てん」はロリだが、ただ幼く見えたらそれで良いわけではない。

失礼だが、顔を見ていると「確かこんな力士が昔いたな」っていう感じ。

それに、女が女を責めるというのは、やはり万人向けではない。

マニア向けの作品かと。

ということで、評価は中立の「普通」。

パイパンみなしご少女を美乳養母がレズ折●

美乳熟女「大越はるか」とパンクロリータ「村上てん(山本まる)」の二人によるコラボレーション作品。

実の両親の心中によってみなしごとなった少女「アイ(てん嬢)」は、とある熟年夫婦に養女として迎えられるが、母親の「はるか(はるか嬢)」は、娘の前で堂々と旦那とのセックスを楽しむ程の淫乱女。

散々ハメまくった末に正常位で果てると、戸惑いの表情を浮かべるアイに、愛液のたっぷりついたマ○コをティッシュで拭き掃除させる。

さらに、はるか嬢が所用で出掛けると、ここぞとばかりに近寄って来た変態養父に、パイパンの幼いマ○コをたっぷりと陵●され、それでもなお従順に「性欲処理の道具」となる。

後半、二人の関係を知ったはるかママがペニバン着用でアイを「レズ折●」するシーンは、父親との近親相姦シーン以上に、インパクトのある映像となっている。

余談だが、ヒロインのてん嬢は、パンクバンドのベーシストとしても活躍する変わり種。

羨ましい!?親父やね。

作品として先ず先ずじゃないでしょうか。

設定も良くロリっぽい女優(ブスだけど)も上手く演技していたし家庭内の日常の出来事もよく描写できていたと思う。

こんな親父の立場なら一度体験してみたいよ。

もうちょい

攻めがいまいちですもー終わりみたいな感じでした↓この女優さん体はロリロリでした。

顔は好みがわかれそうー

「性欲処理用 みなしご少女 変態悪魔夫婦に犯●れ続けたパイパン天使」の本編動画はこちらから