【川上ゆう(森野雫)】介護士との – あかちゃんぷれい 川上ゆう

あかちゃんぷれい 川上ゆう

川上ゆう渾身の●児プレイAVが誕生。

義父の介護をするゆうは、ある時義父に弱みを握られて赤ちゃんになることを強要される。

ベビーカーに乗せられたり、離乳食を食べさせられたり、ヘルパーの青年とセックスをさせられたりと、嫌々命令に従っていたゆうだが、だんだん自分が開放されていくのを感じていた。

「あかちゃんぷれい 川上ゆう」の本編動画はこちらから

女優名: 川上ゆう(森野雫)

すげー、びっくり。社会派AV

赤ちゃんになった川上ゆうちゃんは、かわいい。

それだけは間違いない。

声を大にして言います。

この作品は、とにかくそこだけといっていい。

しかし内容はびっくり。

少子高齢化、セックスレスという時事ネタをとりこんだ、社会派で、しかも「世にも奇妙な」のエピソードに入れてもいいぐらいのエンディング。

ヌケるかと言われれば、ヌキにくい。

しかし、見終わったらぜったい心に残ります。

残念ながら、この作品について語ることのできる知り合いが少ないのが難点。

「あのAV見た?」とは言いにくいなあ。

でも、言いたい!とくに、ほ乳びんでミルクを飲ませながらのセックスって、もはやこちらの想定をはるかにぶっ飛んだ世界でした。

すみません、私は笑っちゃいましたけど。

次回作を待ってます。

目が点になるような作品でした。

是非とも次回作を!次回作の時には、1)あかちゃんに、なった時にパイパンにして欲しい。

2)今回のおしめカバーのサイズが合っていない(小さい)次回は、ぴったりサイズでお願いします。

3)最初に旦那さんとの携帯の会話があり、その後あかちゃんプレーにが続きます。

次回は、妻の日常と赤ちゃんプレイを交互に映し出してほしい。

4)普通の衣服の下に、おしめをしているカットを入れて欲しい。

最後に、旦那さんに見とがめられるのも、ありかな?5)食べ物を与えたり、歯を磨くようなカットはない方が良い。

ゆうさんの演技力に関心しました。

また、一般道の撮影されたのには、スタッフに関心。

次回作を待ってます。

介護士との

絡みは良かった。

ベビーベッドに載せたり、トントンしたりすれば尚、リアリティがあってよかったかも。

「あかちゃんぷれい 川上ゆう」の本編動画はこちらから