【松下ひかり】AV的にはあれだがこういう科学的な作品は好き – プラシーボエフェクトエクスタシー 松下ひかり

プラシーボエフェクトエクスタシー 松下ひかり

プラシーボ効果とは、投薬の形式に伴う暗示作用のこと。

ターゲットは美乳女優の松下ひかり。

感度がUpするという薬(本当はただのお菓子?)を投薬され、男優の指使いとトランスミュージックに陶酔。

挙句にはセルフ潮吹きまでも…完全にキマってSEXマシーンと化したひかりだが、最後に衝撃の真実を知ることになる…。

「プラシーボエフェクトエクスタシー 松下ひかり」の本編動画はこちらから

女優名: 松下ひかり

AV的にはあれだがこういう科学的な作品は好き

1.sex我慢汁ちゅうちゅう舐めてる姿がかわいい唾液と我慢汁が混ざり合うやらしいフェラ騎乗位、バックでからみ腹射2.偽媚薬投与オナニー電マオナニーで大放尿3.sexバキュームフェラからパケ顔のからみ大きく口開け口内発射4.ネタばらしここで偽の媚薬だと教えるがこのときのひかりちゃんの恥ずかしがり方がかわいい偽媚薬を飲ましても潜在意識の中で感じてしまい人間はエロくなるということを証明する作品であるAVとしてはどうかと思うが、自分は理科系人間なのでこういうのは好きです媚薬って、男が女をエロくさせたいという願望のほうが強いと思うし決して精力アップって限らないと思う結果見事に騙されるて最後のネタばらしで照れまくりのひかりちゃんがかわいいその一言に尽きます抜ける作品としては普通だがアイデア的によかったので☆5つあげたいと思う

「プラシーボエフェクトエクスタシー 松下ひかり」の本編動画はこちらから