【森川涼花】kawaiiならではの – 清楚な文学系美少女の誰にも言えない妄想ドMセックス 森川涼花

清楚な文学系美少女の誰にも言えない妄想ドMセックス 森川涼花

いつも同じ時間、同じ公園で本を読んでいる清楚系美少女。

彼女が抱える見た目からは想像できない少し危険な願望…それは誰にも打ち明けられずにいたマゾヒスティックな妄想世界。

‘強引に襲われたい’‘拘束されてメチャクチャにされたい’‘辱めを受けたい’‘セックスしているところを好きな人に見られたい’日に日にエスカレートしていく彼女のドM願望…一目惚れした僕は彼女の願望に従うしかなかった…。

「清楚な文学系美少女の誰にも言えない妄想ドMセックス 森川涼花」の本編動画はこちらから

女優名: 森川涼花

小柄でムチムチで透明感のある美少女と素材は最高なんだけどな…

いまいち作品に恵まれない印象の森川涼花ちゃん。

この作品もその印象はあまり変わらず。

ちょっと謎めいたM娘という役柄や男優のシーンの合間に男優のモノローグが入ったりする辺りが「文学系」ってことなのかな?プレイ自体は最初の絡み(胸射)、拘束バイブ責め、拘束フェラ、3P。

彼女から求めていくセリフもありますが、全体的に大人しい印象3Pも彼氏の前で他の男に遣られるというシチュエーションのため、彼氏を画面に入れるため引きのショットが多いのはイマイチ。

顔射がなかなかの勢いだったのが救いかな

カワイイのにもったいない

パイパンは汚らしいので嫌。

分かっている女優は剃らないってのを見習うべき。

どんな色にも染まらない、その不思議な存在感

タイトルとスタッフの意図が合致していません。

森川涼花さんって、どんな設定も衣装も関係なく、森川涼花で変わらない不思議な存在。

そのせいか、この作品に限らず、ドラマ仕立ての設定が完全に浮いてしまって、いつもちぐはぐです。

でも、彼女はとても魅力的です。

彼女を見るなら、買って損はないです。

どんな色にも染まらない存在で、ありのままの自然な感じが一番良いのではないかと感じる作品。

初々しい

まあまあカワイイ女優さんですが、おとなし目です。

垢抜けてきたらいいですね。

ソフトな絡みですが、カメラアングルよく濃厚でした。

初々しさは出ていますが、もう少しインパクトがほしいですね。

ロリ+パイパンの傑作

素人っぽさがあり、十分高校生だと妄想可能なロリ女優が、パイパンで登場。

喘ぐしぐさは芝居がかっていない自然さで、ウブさがあるし、愛すら感じる。

抜ける作品として、秀逸。

見た目が非常に幼い代償としてペチャパイだったり、ガリガリだったりするより、これくらいがっつりいやらしい肉体の方が、興奮する。

素直に可愛い

私タル好きですが、森川涼花さんに注目いたしました。

涼花さん、ジャケより可愛いです。

巨乳ではありませんが、それなりのいい体をしています。

特にあえぐ顔が非常に可愛い。

こんなに可愛い子がどうしてAVにと思ってしまいます。

体型はまったく趣味ではないのですが、ちょっと気になる女優さんです。

文学少女?

文系女子という感じではないが、三つ編みの真面目で清楚な雰囲気は良い。

タイトルでハードルを上げすぎ

期待を上回る事が出来なかった印象です。

項目としては中々の事をしているとは思えますが、もっと芯から熱くなるようなエロさが足りなかったでしょうか。

先にハードルを上げ過ぎたという感想です。

kawaiiならではの

プレステージで見た時はもう少し可愛く見えたんだけど、絡みの3割程にサンプル画像の不細工面が現れて少々萎える。

導入部やアングルこそしっかりしてるけど、内容は個人的には嫌いな意味不明なタイトルを付けるメーカーやスッピンと汚い尻ばかりクローズアップするメーカーと然程変わらず残念。

「清楚な文学系美少女の誰にも言えない妄想ドMセックス 森川涼花」の本編動画はこちらから