【水上由紀恵】チョツト疲労感が出てきた主婦のお遊び、指マンの描写が秀逸 – 縛られた人妻〜年下男の麻縄調教2〜 水上由紀恵

縛られた人妻〜年下男の麻縄調教2〜 水上由紀恵

由紀恵の娘・清香のひとつ年上の幼なじみ・信也。

子供の頃から清香の家庭教師代わりとして面倒をみてくれる信也を、由紀恵は息子のように思っていた。

父子家庭の信也も、由紀恵を母親のように思っていた。

しかし、大人になるに連れて由紀恵に対する感情の間違いに気づいたのだ。

『母親ではなく女性として…。

』由紀恵を愛する独占欲が大きくなるにつれて、信也の中でサディスティックに満ちた歪んだ欲望が芽生え始めたのだ…。

「縛られた人妻〜年下男の麻縄調教2〜 水上由紀恵」の本編動画はこちらから

女優名: 水上由紀恵

娘役も可愛いので親子どんぶりを期待したが…

水上由紀恵単体でも十分エロかったが、女子校生役の女優さんがとても可愛く緊縛で親子どんぶりを期待したがそんな展開はまったく無し。

でも見たことある女優さんだと思い女優名「平清香」で調べたらなんと鈴木きあら(美空あいり)でもう30歳だった。

美少女感が劣化せずJK服がまったく違和感無し。

でも鈴木きあらと判ると親子どんぶりで無い展開がより悔やまれた。

少年の熟女調教の大傑作

娘の幼馴染の少年に緊縛され犯●れ続けるうちに緊縛を好むM女に変化していく熟女の姿がたまらなくエロかった。

物語性があり母の背徳感もあり、強●シーン全てが緊縛でというのも良かった。

水上由紀恵の近所のおばさん的雰囲気がエロさを増しているし、醸し出す大人の女に圧倒された。

特に幻想シーンでの緊縛された巨乳の勃起した乳首、厭らしい腰の揺れ、あえぎ声は大興奮した。

そそりますね

おそらく 女優さんの この時点での 年齢は47歳から48歳くらいかな。

五十路近いにもかかわらず これだけの体形を維持している、そそりますね。

この場合、 年齢は売り物になる。

もっと 明示したほうがいいと思うけどね。

ここにも平清香が出演

最近ドラマの中で脇役として娘や人妻、OLなどの役で出演しているのを見かけるが、本人のポリシーなのか作品の中では脱がない。

過去には別名で脱いでいて、今でも十分魅力的なのにもったいない。

作品はエンディングにもう一工夫あれば星5つあげた。

後半がダメ

最初のカラミが良い。

縛られて犯●れながらも感じている様子が秀逸だ。

だが、「お互いの性欲解消のお手伝いしましょう」という台詞にはがっかり。

台詞のわりにカラミも平凡で快楽を貪るようなハードさが感じられない。

「縄が結ぶ三角関係」となっていながら娘役の女優さんが脱いでないのも不満。

良かった

この女優さん、初めて見ましたがなかなかよかったです。

娘想いの良きお母さんが娘の幼なじみに縛られ犯●れる最初のシーンは興奮ものでした。

顔つきも身体も綺麗で特に胸(乳首)がそそりました。

セフレ関係を結ぶ際の会話が秀逸

(信也の家で)由紀恵「(わたしには)夫も娘もいるのよ。

信さんの気持ちは嬉しいけど応えられるわけないじゃない。

」信也「ですよね・・由紀恵「でもしてあげられることはあるわ。

」(と言って下着姿になり)由紀恵「信ちゃんもそういうことをしたい時期だし、わたしも夫が単身赴任してるし、あなたの男の子の(としての)性欲解消はオバさんがしてあげるから、わたしの女の人の(としての)性欲解消をあなたがお手伝いして。

」→(非常に率直で、いいセリフだと思う。

)信也「セフレになれってことですか?」由紀恵「そんなふうに言わないで。

お互いお手伝いするだけ・・」この作品では女優が性欲に溺れるにしても、一方的に男の性奴になるのではなく、自分を見失うことがない。

そこに抑制されたエロスが感じられる。

水上由紀恵は演技にも性技にも長け、見事に女の性(さが)を見せてくれる。

お互いが妄想する緊縛シーンは映像として綺麗だし、水上由紀恵のアエギ声もいい。

この人の舌技は眼の動きの演技と相俟って、見所のひとつだ。

「縛られた人妻」シリーズの中でも大変優れた作品だと思う。

服の下は常に緊縛状態

娘の幼馴染の男・信也に縛られ、犯●れてしまう由紀恵。

水上由紀恵47歳、上品な美熟女で美乳、美マン、喘ぎ声も色っぽい。

ファーストレ●プの段階から感じていた由紀恵は、旦那と娘を裏切っている罪悪感を感じながらも、その後も信也との肉体関係に応じる。

娘が家の中にいるのに全裸に剥かれて犯●れるシーンは興奮した。

そのうち娘が別の彼氏を作ってしまうと、少なくとも娘に対する罪悪感はなくなった。

吹っ切れたように信也とのセックスに溺れる由紀恵であった。

割とすぐに堕ちた由紀恵だが、下品な痴女化はせず、主導権を握っているのは男の方で、脱がされると服の下は常に麻縄で緊縛されているというのはエロスを感じる。

後半の展開と演技が絶妙

娘が同級生と出かけた直後に見せる背徳感から解放された欲望の表情がたまらない。

その後の貪りあうような行為が際立っている。

縛られている縄が動くのですね

この作品最初ざっと見たところ由紀恵さん、ちょっとお肌が荒れた熟女だがまあまあ美人の方だなと思っていました。

内容的にはいちいち説明しませんが、どれも若い人とひと味違った熟女の色気を感じさせられました。

そんなとき最初からじっくり見直したところ、冒頭の緊縛悪夢でその映像があったのです。

股間からへそに伸びている二本の縄が、菱形に縛られていて、どうゆう動きでそうなるのかわかりませんが、その菱形が大きく開いたり狭まったりして、しかもその動きにつれて菱形に囲まれたお腹の皮膚が皺になったり伸ばされたりしているのです。

この映像を見たときただ縛った縄ではなく縄も体の動きによって表情が変わるのだなとつくづく感心させられました。

ストーリーが残念

このシリーズは好きなのだが、この作品はストーリーが残念だ!年下の男に自分から調教を促す様な態度をとるところまでは良いが、その後が残念だ、互いに楽しんでいる様な展開が不満だ!初めは誘っても次第に年下男に服従させら陵●される、そんなストーリー展開であって欲しかった。

娘と彼氏のデイト中すぐ横で緊縛された母がコートの前を開けさせられるとか、その様な、年下男に弄ばれ羞恥心いっぱいだが股間の縄は濡れている、その様な展開を期待していたので残念。

チョツト疲労感が出てきた主婦のお遊び、指マンの描写が秀逸

水上由紀恵は何処にでもいるような、おばさんタイプで、生活に疲れが見え始めた頃。

 若い男から縄目を受け、その虜になって行く。

 28分からのクンニで陥落、32分からの指マンの撮影が最高!!小生の長ーいAV歴の中でもベストの映像である。

 本作は性交よりも指マンを主体に撮影した作品のようである。

 この後も71分から全裸緊縛で片脚を吊上げられた状態で陰部を執拗に電マ、ハリガタで責められる。

 それからは雪崩の如く彼の言いなりで忘我の行動に出る。

 スリムな身体だが肌に汚れがあるのが残念。

 しかし、カメラワークが良くモザも良心的で、2017年から始まった「モザイク冬の時代」では考えられないような局部の接写、肉棒の挿入など、お宝映像が頻出するのが楽しみ。

 何故だか、自慰行為が見られないのが玉に瑕。

「縛られた人妻〜年下男の麻縄調教2〜 水上由紀恵」の本編動画はこちらから