【沢村麻耶】とても残念 – 中坊時代の担任を、同窓会だと偽って、犯しまくった教え子達。 沢村麻耶

中坊時代の担任を、同窓会だと偽って、犯しまくった教え子達。 沢村麻耶

土木作業員のタケルは仕事の依頼先で中学時代の恩師・麻耶に出会う。

麻耶の肉体を味わう為、タケルは仲間達と麻耶を誘い出す計画を立てる。

それはクラスの同窓会という名目で…。

誘われるまま同窓会に現れた麻耶に襲いかかるタケル達。

男達は執拗に抵抗する麻耶の肉体を攻めまくる。

言葉では拒否しつつも、体は素直な反応をみせる麻耶。

元生徒達による狂喜の宴は夜が明けるまで続くのだった。

「中坊時代の担任を、同窓会だと偽って、犯しまくった教え子達。 沢村麻耶」の本編動画はこちらから

女優名: 沢村麻耶

タイトル・パケ写は良かったのに・・・

この評価の一番の理由は、色黒のスキンヘッドの男優が嫌いだからです。

ストーリーをよく読み、かなり気に入っていたのですが、それほどでもなかった。

また女優も胸の垂れ具合が写真では良かったのですが、なんか色気がないというか、そそられる感じではなかった。

最後のカラミのシーンも臨場感ゼロ。

見れば見るほど早送りが多くなっていきました。

夜の風呂場シーンが

風呂場シーンで教え子に説得されて、徐々にその気になっていく沢村嬢が素晴らしいです。

神作品

これはダウンロード版がなぜないのか、となるくらいです。

沢村麻耶さん最高すぎ、とにかく男優が最後に先生から急に奥さんと呼んでしまうところ以外は完璧です、あのシーンは興ざめです

良作です。

沢村さん風呂場の立ち姿をよく見ると、貧弱そうに見えてた下半身や尻もなかなかの肉付き。

年齢に見合うどっしり感と立派な骨盤。

若い男優の棍棒を次々と含められるスタミナの源かも。

口元の緩さを呼ぶ前歯の大きさぐらいが気になる程度の完成度の高いルックス、潤いのある白肌と合わせて質の高いお色気が満点。

大きな垂れ乳は御愛嬌。

台詞廻しが絶妙ですね。

短い台詞ですが、「遠慮なくどうぞ触って」、「こんなおばさんでもいいの」などなど、なにげない台詞がキラー台詞で刺さります。

この作品、合間のオナニーシーンが意味不明ながら。

前半の作り話の同窓会で昔の担任美人女教師を誘い込むストーリーはAVとしては秀逸、後半女教師の旦那を絡めてのシーンも上手いシーンになってます。

ただ、レ●プ物に分類される作品ながらレ●プ度がもう少し強いと、もっと良かったような。

女優が良かったのが唯一の救いか。

女優は透き通る様な白肌で、垂れ気味の胸に大きめでピンクな乳輪が生ナマしい。

タイトルにある犯しまくったとあるが、すんなりと受け入れ過ぎな感じで、もっと抵抗しないと臨場感がでない。

話の展開に脈略がなくタイトル倒れとなっているのが残念である。

ただ、女優が良かったのが唯一の救いか。

沢村さんの演技力がアップ

出演作が増えられ、なれられたのであろう。

沢村さんの演技力がかなりアップしており、その役に入り込んでいます。

声も少し可愛くアレンジされているのか。

ストーリーもまずまず練れており、絡みのシーンが多いのもいいですね。

個人的には、隣のダイニングに夫がいる状況で、キッチンではめられ、やがて夫の目の前で2人の男性にやられるシーンがとても良いと思います。

凌●の抵抗シーンもソフト路線で、女優、作品にうまくマッチしています。

タカラのデビュー作とは、別人の作品になっていますね。

中坊時代になってません。

沢村摩耶さん自体は、色が白くきっと異なるシチュエーションであれば、もっと光り輝くものとなったはずです。

しかしながら今回のは、どう見ても教え子とは見えず、また、摩耶さんが担任とも見えず、しかもだますと言うことはだまされた方が怒ったり恐怖に震えたりしなければ●すということにならないと思うのですが、積極的に絡んでしまうのなんか、とてもこういったシチュエーションが好きな方にはだまされたようでちょっと無理でしたね。

とても残念

ネタ(アイデア)と女優はとても良いのにドラマがメチャメチャ…監督(作者)はいったい何を見せたいのかさっぱりわからない…

「中坊時代の担任を、同窓会だと偽って、犯しまくった教え子達。 沢村麻耶」の本編動画はこちらから