【瑠川リナ】女優と男優は◎ – オモチャ売りの少女 瑠川リナ

オモチャ売りの少女 瑠川リナ

母を病気で亡くし、父が始めた大人のオモチャ屋を手伝うリナ。

無垢な身体は異常な性癖を持つオトナたちの目に留まり変態的な玩具プレイの餌食となる!三角木馬、オナホール、極太バイブ、麻縄、エネマグラ!「父のために」と自ら性具と化し、あらゆる玩具を自分で試させ身売りする少女の悲劇!オマンコをバイブと肉棒で激突きされる喜びに目覚めだす!

「オモチャ売りの少女 瑠川リナ」の本編動画はこちらから

女優名: 瑠川リナ

リナちゃん○、ストーリーと男優は△

リナちゃんの母が病気で亡くなり父と一緒に大人のオモチャを売り...筋で見どころ前半(15分)~父と蔵で手コキだけ(妄想)次.取引先の問屋(杉浦ボッ樹)と蔵の中で体位も多くfuck...ふつう。

中盤~大人の玩具店で店主の(吉村卓)の罠にハマり万引きの疑いをかけられ店員のチ○ポ→イラマ→オナホール抜き→△(75分)~商品説明で三角木馬で客の(トニー大木)とセーラー服で縛られfuck→マ○コ玩具責め。

終盤(121分)~ここが一番良くて吉村と蔵で白のスケスケ.パンティ上から結び目のある紐で扱かれ→オイル→fuckと全編暗い感じで古民家やリナちゃんのfuckの演技は○で男優は変態ぽい(杉浦&吉村)と個性に会った役処をこなしてはいますがストーリーは物足りなくて本編も約153分と長く評価は良いの手前3.8点位という感じでした。

女優と男優は◎

男優は吉村卓と杉浦ボッ樹という夢のような作品。

美少女がこんなキモメンにいうことを聞かされて奉仕させられ、アナルも舐められるなど好き放題やられてしまう。

こんな非現実的な場面こそ興奮します。

ただ唾液を飲ませたり、顔を舐めさせたりはなく内容は普通の絡みであったが、瑠川リナがやっと両者と一対一で絡んでくれたかという待望の作品だったので文句まではいえない。

せっかく杉浦氏がなぜか汗だくだったんだから舐めさせたりしてほしかった。

そしてどうしてこういうのをブルーレイにしてくれないのかなぁと残念な気持ち。

また、画質はホームビデオで撮ったかのような劣悪なもの。

物売る気あんの。

どうでも良い演出とかいいからこういう基本的な部分を何とかしてほしい。

いくら女優と男優が満点でも、事務方がゴミじゃどうしようもない。

小学生の学芸会の台本を大女優と有名俳優がやるようなもの。

なお、それ以外のシーンは見ていません。

「オモチャ売りの少女 瑠川リナ」の本編動画はこちらから