【瞳れん, あおば, 平井優】新作ではない – レズビアンテンプテーション 〜Lへの誘い 第二章〜

レズビアンテンプテーション 〜Lへの誘い 第二章〜

第1話 熟れた肉体を持て余す孤独な三十路の体に、若い女狐の指が忍び入る。

若さゆえに容赦のない責めに悶えながら、子宮が子宮に激しく呼応した時、熟れた肉欲は溢れる淫汁の中に沈んでいく…。

第2話 夫を同じ職場に持つ2人の人妻Lの甘い罠はやがて平凡な2人の主婦を淫汁の海へ…。

第3話 久美子の舌が麻里の舌と絡まったとき、固く閉ざされていた麻里の秘め貝が淫らな汁とともに、口を開ける…。

「レズビアンテンプテーション 〜Lへの誘い 第二章〜」の本編動画はこちらから

女優名: 瞳れん, あおば, 平井優

なんか、古臭い・・・10年前の映像みたい

一作目も見たけど、まずキャスティングが悪い。

パッとしない人ばかりです。

この作品では、二人くらい可愛い子がいても、相手がそうでもないので。

ドラマものなのですが、ドラマシーンが長く(たいしたドラマでもない)、演技も下手な人ばかりなので、だんだんイライラしてきます。

こういう大根演技を流すくらいならば、シチュエーションなしで攻めたほうがいい。

作りがやたら古臭く、最後に必ず道具攻めにさせるところが面白くない。

お尻穴あきパンツとか、ベタな格好にさせるのもげんなりします。

モザイクもやたら濃くて、そもそも、レズ行為が気持ちを入れてちゃんと攻めさせないので、すべてにおいて見どころを感じない。

やたらダラダラした作品。

新作ではない

新作ではなく、陰gさんの雌と牝シリーズの焼き直し。

こういうものをあたかも新作のようにして出してくるのは悪印象。

元作品である「ひめすじの誘惑」「社宅妻たちのまぐわい」「秘め貝のわななき」は、全部dmmさんで見ることが出来る。

せめて、「総集編」とでも書いて出してほしい。

「レズビアンテンプテーション 〜Lへの誘い 第二章〜」の本編動画はこちらから