【石原よしえ, 宮内静子】石原よしえファンにはちょっと物足りないかも – 近親相姦 母子スワッピング 石原よしえ 宮内静子

近親相姦 母子スワッピング 石原よしえ 宮内静子

単身赴任の夫を持つ石原よしえ(50)。

自慰で気を紛らわす事は出来ても身体の疼きは鎮まらず、息子の智也に手を出してしまう…。

家に寄り付かない夫の事など目もくれず、息子の秀太と明るく過ごしていた宮内静子(53)。

しかしそんな静子の思いが裏目に出てしまい無残にも秀太に犯●れてしまう…。

禁断の秘密を持った正反対の二人の母親がお互いの秘密を打ち明け、さらなる禁じられた行為をしようと提案するのだが…。

「近親相姦 母子スワッピング 石原よしえ 宮内静子」の本編動画はこちらから

女優名: 石原よしえ, 宮内静子

企画と女優力の勝利

正直、女優は2人とも美人ではないしスタイル抜群というわけでもない。

しかしリアルオカン度はかなり高く、しかもエロいため、やばい近親もののにおいが作品全体から漂ってくる。

母親たちが息子達の相手をするため別室でエロいランジェリーに着替え、2人で娼婦のように登場するシーンなどはアイデアの勝利だろう。

なにも美形の人気女優だけがエロではないと実感出来る一作。

コアな熟女・近親もののファンは必見といっていいだろう。

石原は不感症か?

他の出演者はいいんだけど、石原よしえがなってない。

2人の若手男優と絡むけど、感じる様子も無く完全にマグロ状態。

メインのスワップシーンでも、本来脇役の宮内静子ばかりが目立ち、石原の存在感はほとんど無い。

石原よしえって有名熟女だけど、とんだ大根役者だな。

母子スワッピングシリーズでは最高なのでは?

石原よしえさん宮内静子さん共に初見でしたが、エロいですねぇ…。

五十路という事ですが、多分お二人共四十路と思える位若々しくパワフルです。

母子スワッピングシリーズは一作目二作目共に観てきましたが、今作はNO.1かもしれませんね。

一作目の白河ゆりかと羽鳥澄香さんのは最後の絡みの最中で交換という惜しい展開。

二作目は広瀬ゆかりさん楠木爽子さんで少し大人し目なカラミ。

両点を改善したのか最初からの交換カラミと淫乱度を増したカラミ。

一作目と二作目の不足していた部分を補って改善点が見られますね。

出来れば、売れっ子じゃ無いAV女優を起用して、パートナーチェンジを繰り返すスワップ物をマドンナ社には制作して欲しいですね。

このシリーズ、癖になります。

石原よしえファンにはちょっと物足りないかも

二人の女優のタイプが対照的な作品である。

宮内静子は甲高いよがり声をあげて感じるのに対して、石原よしえはよがり声は低い声を少し発する程度であるが、身体をくねらせて感じる有り様はなかなか感じさせてくれる。

好みが分かれるところであると思うが、冒頭の石原よしえが息子にセックスをねだるシーンでは背徳感などは全く無く、時おり笑顔も見せながら息子を挑発するなどセックスを貪るように楽しんでおり、そのスタイルの良さや醸し出す雰囲気は他の女優に見られないエロさがある。

一方宮内静子は、息子とのシーンで攻め立てられて、甲高い声をあげてよがるが、体形や顔つきによるものかエロさは感じない。

最後はお互いの息子を交換してエロい下着に着替えてのプレーとなるが、石原よしえは黒いすけすけの下着が何ともエロいが、宮内静子の方はエロい下着を着てもいまいちエロさが出ない。

最後の息子を交換してのプレーシーンは、宮内静子が中心のショットが多く、石原よしえファンにとっては残念なところで、石原よしえの貪るような本気感たっぷりのセックスシーンが楽しめるのは、冒頭の息子とのシーンに留まっている。

「近親相姦 母子スワッピング 石原よしえ 宮内静子」の本編動画はこちらから