【須川春陽, 鮎原いつき】短い – 柔肌が紅く染まり、やがて意識がぶっ飛ぶ!奇跡のアクメ製造法 淫肉煉獄 手術台の女

柔肌が紅く染まり、やがて意識がぶっ飛ぶ!奇跡のアクメ製造法 淫肉煉獄 手術台の女

奥様熟女のイメージビデオ撮影と聞きやって来た二人の女。

簡単な撮影の筈が、いつの間にか縛られ、陵●の世界へ引き込まれてイク。

拒みながらもあそこはぐちょ×2になり、感じ悶える姿がヤバいくらいにイヤらしい。

また美熟女の半端じゃない悶え声も見所!手マン、電マ、アタッチメントで、巧みに掻き回されイキまくる人妻達を喰い尽くせ!!

「柔肌が紅く染まり、やがて意識がぶっ飛ぶ!奇跡のアクメ製造法 淫肉煉獄 手術台の女」の本編動画はこちらから

女優名: 須川春陽, 鮎原いつき

えげつない逝き声だが。。

二人目おばさん見たくて。

予想以上の年増よがりで、ウゴォッ!! アグォォッ!! と怪獣みたいに叫びながら噴水逝き。

腰をぐるんぐるん回して電マに押し付けるし、腹部電マ当てのみで逝くし。

本来こういうエグイの大好物なのだが、被虐感が無いちゅうか羞恥心足りない、M度が低く興奮できなかった。

もう表に出ないほうが・・・・

この作品だけじゃないんだけどちょくちょく見切れる青山夏樹がうざったい女王様で出ないんだったらもう裏方に徹すれば?

短い

2人収録。

拘束して責めて終わり。

普段の作品の半分くらいの内容が2人続く。

2人目の鮎原いつきは濁声でイキまくるのである意味迫力はある。

内容自体は過激でもなく、普通のレベル。

パッとしない内容。

「柔肌が紅く染まり、やがて意識がぶっ飛ぶ!奇跡のアクメ製造法 淫肉煉獄 手術台の女」の本編動画はこちらから