【高城彩】高城さんの良さが上手く出ている作品 – 近親[無言]相姦 隣にお父さんがいるのよ… 高城彩

近親[無言]相姦 隣にお父さんがいるのよ… 高城彩

彩はたった一度の過ちが息子をここまで豹変させるとは思ってもいなかった。

夫が出張に出た時、寂しさのあまり息子と間違いを起こしてしまって以来、息子は繰り返し彩を求めてくるようになっていた。

こんな関係は許されないと言い聞かせても息子は聞く耳を持ってくれない。

それどころか彩の肉体も息子の愛撫に感じてしまい、二人は禁断の関係に溺れていく。

そしてついに息子は父親が家にいる時まで、彩を求めてくるようになり…。

「近親[無言]相姦 隣にお父さんがいるのよ… 高城彩」の本編動画はこちらから

女優名: 高城彩

スタイルよし

このころはいい身体してますね。

腰、ケツ、胸、全部いいです。

これ良いです!

女優さんが、感じないようにこらえているところがドS心と下半身ををくすぐります。

そして結局、感じてしまっているところが可愛らしい女優さんですね。

他にも何作か購入してますが、買って損無しです。

ドSでオッパイ好きな人にはオススメですよ。

抜けます(///ω///)♪

美人ではないが、相姦に懊悩する表情がいい

夕食をダイニングに配膳して、息子「壮太」(今岡爽紫郎)に手を取られる「高城彩」。

抱きすくめられて胸を揉まれ、股間に手を挿れられる。

人の気配に、慌てて躰を離す。

入ってきた夫「大輔」(横山大輔)が、席に着く。

彩も座って食事を摂るが、テーブルの下で壮太に足マンされて悶える。

(半年前)大輔の長期出張中、ソファで洗濯物を畳みながら躰が疼いた彩は、胸をしだく。

セーターをたくしあげて胸を揉む。

ブラをはだけて爆乳をしだく。

タイト・スカートをまくって股間をさする。

セーターの襟ぐりをはだけて爆乳を揉む。

ショーツを脱ぎ捨ててマンズリ。

「ただいまー」と壮太の声がして、慌てて身繕い。

ショーツを穿く姿を、壮太に見られてしまう。

動転して立ち去ろうとする壮太を、引き留める。

「お母さん、寂しかったんや」と、唇を奪って股間をさする。

ズボンとトランクスを下ろして即尺。

爆乳や股間を揉みしだきながら、陰茎をしゃぶる。

ショーツを下ろして騎乗位で童貞を奪う……。

(現在に戻り)キッチンで食器を洗えば、壮太に抱きすくめられる。

リヴィングで新聞を読む大輔の背後で、胸をしだかれ、唇を貪られ、尻を撫でられる。

タイト・スカートをまくられ、尻たぶを揉まれて股間をいじられる。

尻たぶを舐められて必死に喘ぎ声を堪える。

ショーツを下ろされる。

エプロンとセーターの襟ぐりをはだけられ、爆乳をしだかれて乳首を吸われ、手マン、立ちクンニ。

へたりこんで音を立て、大輔に振り返られるが、なんとか誤魔化す。

壮太を即尺、口内射精。

大輔が入浴すれば、スリルを楽しむかのように洗面所で彩は壮太に胸を揉まれる。

セーターをたくしあげられて胸をしだかれ、唇を貪られる。

ブラをはだけられて乳首を吸われる。

フレア・スカートをまくられ、股間をさすられてショーツに染みを作る。

股布を絞り上げられて、尻たぶを揉まれる。

股布をずらされてアナルをいじられる。

ショーツを下ろされて指マンされ、乳首コキ、パイズリ。

バック、立位、騎乗位、正常位で中出し。

ダイニングでパソコンに向かう大輔の眼を盗んで、夫婦の寝室で唇を貪られる。

胸をしだかれて、キャミソール越しに乳首をねぶられ、股間をいじられる。

ショーツを下ろされて指マンされ、即尺。

ベッドでキャミソールをはだけてパイズリ。

正常位、騎乗位、後背位、後側位、正常位で膣内射精。

「これからも僕が満足させてあげるからね」と抱きしめられる。

高城さんの良さが上手く出ている作品

最初の絡みの導入部分、母親が息子に迫るのは良いのだけれど今一つ。

その後のストーリーと合っていないし、やや唐突で中途半端。

中断あたりの流れは秀逸、父親が入浴中の脱衣場での母親との一戦は高城さんの床上手さもあって中々良い。

全体的に高城さんの良さが上手く出ている作品。

「近親[無言]相姦 隣にお父さんがいるのよ… 高城彩」の本編動画はこちらから