リアリティの追求。 – 痴●奇襲集団 2

痴●奇襲集団 2

混雑した電車内。

密接する女の肉感的な柔肌と良い香りに性的興奮を抑え切れない野獣。

人ごみに紛れて女の下着に触れる。

抵抗する素振りが弱いと見抜くと、秘部に直接触れ、胸を鷲掴み。

男の力強さに怯える女。

あまりの突然の出来事に声を出すことができない。

獲物は決して逃さず集団で囲み、襲いかかる性の野獣たち。

「痴●奇襲集団 2」の本編動画はこちらから

リアリティの追求。

物色のみで終わるものや触るだけで終わるものも多数AV慣れしてしまっていて本番無いのかと思ってしまいますが、そこも雰囲気作りのひとつとしてみるとよいと思う本番は10人くらい出てくるうち2人物色シーンはロケだが痴●シーンはスタジオ風景にモザイクがかからなくなるのですぐわかるが違和感の無いつくり

「痴●奇襲集団 2」の本編動画はこちらから