名 – 手錠の鍵はマ○コの中 病院編 貴方が下半身丸出しの看護師に「鍵を取っていただけますか」と 助けを求められたら犯さずにいれますか?

手錠の鍵はマ○コの中 病院編 貴方が下半身丸出しの看護師に「鍵を取っていただけますか」と 助けを求められたら犯さずにいれますか?

病院内にて下半身丸出しで拘束されている看護師に遭遇した男。

助けを求める看護師の手錠を外そうとするが、鍵は彼女のマ○コの中。

その鍵を取って欲しいと頼まれ看護師の股間に手を入れて探っているうちに興奮してしまった男は、他の部分まで触り始め看護師の反応を楽しみ、耐えながらも感じていく姿に我慢できなくなり…。

「手錠の鍵はマ○コの中 病院編 貴方が下半身丸出しの看護師に「鍵を取っていただけますか」と 助けを求められたら犯さずにいれますか?」の本編動画はこちらから

溜まった患者の”濃い液”浴びて。。。

シリーズ3作目、3様の監督のカラーが出てると思う今回は、前回の女子高生の可愛らしさに大人の色気が加わってる。

5パターンに増え、手錠の鍵を取ってもらううち発情した男性に行為をせまられる。

非現実的だが企画物としてはイイと思います。

女優サンも演技が上手です。

2人はバックからのお尻への発射。

3人はイラマからの顔射。

上半身肌蹴たナース服からこぼれんばかりの巨乳、破かれた白いタイツからはみ出すお尻。

そこにかけられる濃い精液。

入院患者サンの溜まったモノが出されてる感タップリ!(職業柄、私の考え過ぎな所?笑)今回の女優サンは殆ど色白巨乳。

ナース物が好きな人には是非オススメ!ただ、男性の表情を見て楽しみたいだけに、主役の女優以外に{モザイク}をかけているのが残念でした。

次はアナル物とかも見てみたいような気がします。

ナースとして女として両方の立場で楽しませて頂きました。

この企画、良いですね。

この企画、良いです。

特に最初のパケ写の女性、素人っぽい感じで、臨場感抜群でした。

その後も自由のきかない女性のあそこにカギをセットさせ、絶対にやっちゃいますよね。

女優陣が一気に弱くなり、残念

従来の手錠をかけられる過程は省略し、その時間の分、パターンを増やしたのは、それはそれで良かった。

看護師2人共、手錠をかけられるパートは、どう責めるんだろうか??興味深く、早送りせずに見た。

ただ、1人目、青空小夏ちゃんだと思うが、彼女以外は、女優陣が一気に弱くなり、残念。

もし、女優陣を増やすことで、予算の都合で、こうなったのなら、これまで通り、女優は3人にし、質は落とすべきではない。

女優のレベルが下がるなら、今回のようにパターンを増やすのは、もう、やめたほうが良いと思った。

プレイ自体は悪くなかったので、普通。

好みがあるでしょうが

そもそも前2作の鍵をロックするまでだけの2人組の男の過程を省略するのはいいけれど、手錠をかけられた状態から「はいスタート」の画面では興奮しません。

多分製作会議では「おもしろいかも」の発想だけど私(だけ?)には全然伝わりませんでした。

青空小夏さん好きですが買って視て即処分した思い出です。

ナカナカ!!

企画的に悪くないです。

独特の格好で拘束されるのは良いんだけど、それまでの(拘束されるまで)経緯もやってほしかった。

例えば複数の男に待ち伏せされ犯●れてパンブラ近くに置かれて初めて拘束されるみたいな。

次はOLバージョンやって欲しい

挿入は2人だけで立っての体位ばかりで残念

1人目の青空小夏が作品としては唯一合格レベルです。

場所は何で?という気がしたが、後ろ手に手錠をされ、片足上げ拘束で発見され、そのまま責められ挿入される。

その後、はめ難いので脚の拘束を解かれ、更に突かれ被虐感抜群でした。

挿入があるのは1&6人目の2人だけで、6人目は一番おばちゃんっぽくて最後に床でバックがあるけど、それ以外は2人とも立ってする体位だけで、正常位や騎乗位も取り入れて欲しかった。

69状態で発見される先輩&後輩(荻原くるみ)の時に、出てきたのがおじさん1人で、責めが後輩に集中気味なので、男2人で責めて欲しかった。

「手錠の鍵は」の発想は面白いし、ナースのシチュエーションも良いけど、人数を減らして全員の挿入シーンを入れて、いろんな体位で犯して欲しかった。

プレイ内容のみで評価すると星2つ。

ありえないシチュエーション。

コンセプトにワラタ。

僕なら普通に声かけて頼まれたら鍵取ってあげて、何やってるのか聞いて、本人に警察を呼ぶ承諾を得られたら警察呼んであげると思いました。

空小夏/大城かえで・荻原くるみ/由良真央/知世奏。

「手錠の鍵はマ○コの中 病院編 貴方が下半身丸出しの看護師に「鍵を取っていただけますか」と 助けを求められたら犯さずにいれますか?」の本編動画はこちらから