唯川千尋 – フェロモンむんむんで昔からイタズラ好きの母さんの妹が童貞の僕に勃起薬を●ませて効き具合をお試ししてきた!? キキすぎちゃった甥っ子チ○ポは筆おろしだけじゃおさまらない鬼勃起した近親棒で何度も突き刺し絶倫交尾!!

フェロモンむんむんで昔からイタズラ好きの母さんの妹が童貞の僕に勃起薬を●ませて効き具合をお試ししてきた!? キキすぎちゃった甥っ子チ○ポは筆おろしだけじゃおさまらない鬼勃起した近親棒で何度も突き刺し絶倫交尾!!

狙いをつけたイケチンに勃起薬を盛ってモノにしちゃおうと企むおばさんは美人だから始末におえない。

よりによって女性経験のない甥っ子で効き目を試そうとするなんて!免疫のないチ○ポはイキ場を失って制御不能!抜群のフェラテクでヌイてもらってもおさまりつかず、筆おろししてもらってもなおギンギンキープ!この責任そのやりマ○コでとってもらいます!

「フェロモンむんむんで昔からイタズラ好きの母さんの妹が童貞の僕に勃起薬を●ませて効き具合をお試ししてきた!? キキすぎちゃった甥っ子チ○ポは筆おろしだけじゃおさまらない鬼勃起した近親棒で何度も突き刺し絶倫交尾!!」の本編動画はこちらから

言いたくはないのだけれど・・・

葵千恵が出ている。

女優を批判するのは初めてである。

彼女を初めて観たとき、そのエロ・ポテンシャルの高さに目を奪われた。

しかし、その後、彼女の作品をいくつか観てみると・・・嫌が上にも気が付かされることがある。

それは・・・男優以上に演技の幅がない。

と言う事実。

彼女は演技をしていないのかも知れない・・・そう思ってしまうほど単調なのである。

彼女に様々な設定の作品を与えることは、まるで意味がない。

いつでも同じ演技(?)しか魅せてくれないのだから。

そこに目の当たりにするのは、相手に対する人としての感情の欠片も感じられない、獣の交尾だけなのである。

いつでも、涎をだらしなく垂らし、男根を貪り、卑猥な舌つきのベロチュウを展開する。

その眼は宙をさまよい、パートナーに対する感情などまったく表現されることはない。

人間の体をしているから余計に性質が悪い。

これなら犬の交尾映像集を観ていた方が遥かに感情の起伏を感じることが出来る。

今時、大変珍しい女優である。

ある意味貴重な存在かもしれない。

(人間の私には理解できないし、認めたいとも思わないが)

唯川千尋

三人目の唯川千尋さん目的で購入。

演技もうまく、笑顔とキレイな歯が最高でした。

息子の部屋で、フェラ抜き一発→リビングで本番の流れでした。

「フェロモンむんむんで昔からイタズラ好きの母さんの妹が童貞の僕に勃起薬を●ませて効き具合をお試ししてきた!? キキすぎちゃった甥っ子チ○ポは筆おろしだけじゃおさまらない鬼勃起した近親棒で何度も突き刺し絶倫交尾!!」の本編動画はこちらから