芝居がかっているが女優の反応は良い。 – うちの妻・E里(31)を寝取ってください 08

うちの妻・E里(31)を寝取ってください 08

羞恥心と背徳感…葛藤する人妻は夫の寝取られ願望を叶えることが出来るのか。

自分の妻とSEXをして、その行為をカメラで撮影して見せて欲しい…。

スワッピング愛好サークルを主催する男に持ちかけられた「寝取られ」の依頼。

今回の相手はE里(31歳)、結婚3年目、子供無し。

夫の全てを理解する為に覚悟を決めて来たと語る清楚な面持ちの人妻。

戸惑いながらも身体は正直に感じていくと「夫が喜ぶんだったら…」と男根を受入れる。

押し寄せる快感に困ったふりをしながら、騎乗位で腰を振り快楽を追及し始めた。

「うちの妻・E里(31)を寝取ってください 08」の本編動画はこちらから

弱い抵抗感は興味の表れ?

今作の奥様は勢いに押されて流されていくかのように抵抗感が弱い印象を受けました。

それは彼女の受け身体質からくるものなのか、最初から興味があったのか・・・と思わせるような内容でした。

シーンの中では椅子に拘束される姿に興奮しましたが、欲を言えばもう少し我を忘れるくらい乱れた姿を見せてくれると嬉しかったですね。

芝居がかっているが女優の反応は良い。

女優さんはややぽっちゃり体型だが、清楚な雰囲気と真面目そうな受け答えと全裸になってSEXする姿とのギャップが堪らない。

身体も敏感で良い声を出す。

最初のSEXが始まるまで45分を要し、旦那とも何度も電話をするのが芝居がかって眉つばな構成。

だが、肌も白いしおっぱいも柔らかそうで、ややぽちゃも許容範囲内。

2度目の絡みで意味不明のエロ下着を着せられるのがちょっと変。

フェラ奉仕をもっと長くさせるとか、最初の絡みで安心して帰り仕度をしているところを強引に●すとか、そんな展開だったら文句なしだった。

シリーズでは当たり作だと思う。

「うちの妻・E里(31)を寝取ってください 08」の本編動画はこちらから